睡眠学習法って効果あるの?

一昔前、雑誌の広告を「睡眠学習機」なるものがにぎわした時期がありました。

枕にカセットテープを仕込んだだけの簡単な装置でしたが、夢を掻き立てられた人も多かったのではないでしょうか。

睡眠学習とは言うまでもなく、眠っている時間帯を利用して、暗記モノなどの学習をするものです。当時は科学的に証明されていたわけではなく、いまでいえば「まやかし」の部類に入るのかもしれません。

たしかに、うつらうつらとしているときは顕在意識のレベルが下がるので、暗示が取り込まれやすくなります。睡眠学習も、このような催眠状態から発想を得たのでしょうか。

しかし催眠状態になって顕在意識が沈静化するということは、前頭前野背外側部の働きが低下することを意味します。前頭葉は判断や思考をつかさどっているので、睡眠学習においては複雑な文脈の理解などは向かないといえるでしょう。

そのかわり単純な知識、たとえば英単語とその意味といったものに関しては、もしかしたら有効かもしれません。いわゆる知識記憶。

しかし、わざわざ、うつらうつらしているときや寝ている最中に、そのような音声を流さなくても、寝る前に時間を確保し、そのあとすぐ寝付くことによって、睡眠中に記憶に定着しやすくなります。

これは、ひとつには記憶が干渉をうけないためであり、もう一つは記憶が薄れていく前に定着作業に入れるからです。

睡眠学習は、なかなか面白い学習方法ではありますが、理解学習ができないなど、制約が大きいこともたしかです。

寝る前の学習なら、教科書を読むという理解学習も可能です。なお、翌朝起きたときに、寝る前に学んだことを反復すると、記憶の定着にさらに効果的です。

→ 学習方法

勉強は習慣づければ楽

勉強に対しては、いつまでたっても抵抗感を覚えたりするものです。

しかし、そういったときに何とか行動を起こせる人と、いつまでも勉強しない人に分かれます。

勉強したい気分でないときでも行動を起こせる人は、学習の習慣が確立している人です。このような人は、毎日勉強しているうちに、専用の回路が脳の中に作られたため。そのため、あまり気張らなくても、勉強への行動を起こせるのです。

つまり、モチベーションとかやる気を、それほど必要とせずに行動できるわけです。

それにたいして、いつまでたっても勉強への抵抗感とともに、行動も起こせないという人は、毎日勉強していないのではないでしょうか?

そのため勉強専用の回路が脳の中に作られず、結果として行動が出てこないのです。こういう人にかぎって、モチベーションアップ法とか、やる気の出る方法とかをネットで探していたりします。

しかし、そんな必要はないのです。やる気は習慣から生まれます。一度習慣化してしまえば、行動を起こすまでは、あと一歩の努力です。

たしかに習慣化したからといっても、最初の一歩は大変です。しかし習慣化していない人にくらべて、格段に楽に行動を起こせます。

勉強を習慣づけるためには、1か月から2か月くらい、毎日つづけることが大切です。そうすれば、そのあとは、さほど意識の力を要さずに勉強できるようになるものです。

右脳勉強法で記憶力倍増!

右脳を使った学習法なら、イメージとして定着できるので、際限なく記憶することができます。

世の中には、たった1度見ただけで暗記してしまう人がいますが、そういった人は右脳を効果的に使っています。

いっぽう左脳の記憶とは、文字をそのまま記憶していく方法。論理的思考というか、筋道だてて考えるというか、そういった疲れる思考です。

受験勉強では左脳偏重になりがちです。そうなるとストレスがたまってしまいます。

そこであまり使われていない右脳を動員させれば、左脳の負担も減り、より効果的な学習が可能となります。

語呂合わせも右脳を使った勉強法です。とにかくイメージが浮かぶもの、想像する覚え方は、右脳を活用しています。

参考書でも、できるだけ図や写真が掲載されているものを選べば、右脳的な学習ができます。

音読はプラスにもマイナスにもなる

音読は使いようによっては、プラスにもなりマイナスにもなる諸刃の剣です。

勉強本などを見ると、何でもかんでも音読を勧めていたりしますが、かならずしもそうではありません。音読が学習の邪魔、足かせになってしまうこともあります。

たとえば黙読しているつもりでも、口の中で音読しているケース。いつも音読していると、このような弊害が生まれます。舌や唇がわずかに動いていることがあります。

そうなると脳内で音読しているスピード以上の速さでは読めなくなり、読書スピードが遅くなります。本番の試験、たとえば国語の長文読解などでは、このような音読の癖が出ると、時間内に終わらなくなります。

速読するときは、いかに音読の癖を矯正するかが肝になってくるわけです。

かといって音読がダメというわけではありません。音読にもメリットがあります。それは、どうしても記憶したいようなときです。

文脈を理解する場合は、教科書などを速読しますが、英単語の発音や歴史の年号などを覚えるときは、口に出した方がリズムを把握しやすくなります。

人は耳から入ってきた情報のほうが記憶にとどめやすくなります。これは、人間も昔は耳が発達していたことのなごりといえるでしょう。眠っている時でも目は閉じていても、耳は開き続けています。つまり脳は、耳からの情報を常に求めているのです。

音読はいつでも効果的なのではなく、ここぞという記憶すべき場面だけに使えば、効果的な記憶術となります。

居眠りこそ、記憶定着のカギ

居眠りというと、さぼっていると思われがちですが、記憶を定着する作用があるので、積極的に利用したいものです。

ただし居眠りには注意点があります。それは午後の3時までにしておくということです。そうしないと、睡眠リズムが崩れてしまいます。また睡眠物質が少なくなって、夜の睡眠に影響がおよびます。前倒しになってしまうのです。

ですから居眠りをするなら午前中の通勤・通学中か、昼休みにしましょう!

居眠りをすると、よほどの睡眠不足ではないかぎり、まずはノンレム睡眠にはいっていきます。このときはアルファ波からシータ波へと移り、勉強したことが整理されます。ですから勉強をしたら、居眠りし、また勉強する、というリズムが効果的です。

ただし1回の居眠りは、10分とか15分程度にしておいたほうがよさそうです。そして3時以降は眠らないことです。午後2時あたりは、体温リズム的にいって、もっとも眠気が出てくるので、そのあたりに眠るとよいでしょう。

いろいろな教科を交互に勉強しよう

受験勉強や資格試験においては、いろいろな科目があったりします。同じような科目どうしを隣接させて学習することは、記憶の干渉を引き起こすので注意が必要です。

記憶の干渉とは、似たような物事を連続して学ぶと、直前に学んだことが記憶から消えていき、同時にあとから学んだことも定着しづらくなるという現象。

せっかく時間をとって勉強しているのに、それが水の泡ともなりかねないわけです。そこで受験勉強でスケジュールを組むときは、違った種類の勉強を交互に組み合わせる必要があります。

たとえば古文を学んだら、次は数学。その次は漢文を勉強して、次は世界史というように・・・。英語のヒアリングをやったら、次は英単語とか、古文のつぎは漢文というのはしないほうがいいかもしれません。

このように受験勉強においては、ただこなせばいいという考えではなく、それが本当に脳に定着しているのかを常にチェックしなければなりません。

性質の異なった科目を交互にすることは、記憶の干渉を防げるだけではなく、新鮮な気持ちで勉強を続けられるメリットもあります。誰だって、同じようなことを連続して勉強していると、単調になってきて脳の働きが鈍ってきます。

できれば論理力を要求されるような教科と、記憶力を要求されるような教科を交互に組み合わせるといいでしょう。見た目の違いもさることながら、脳の使われる部分が、そもそも違うからです。

そのため、別の教科の学習をしているときに、前回使った脳の部位が休まるというメリットがあります。

受験勉強をするなら、時間を区切ろう!

受験勉強といっても、試験日まで、ずっと休みなく勉強を続けるという考えは得策ではありません。いくつかのパーティションに区切っていくことで、集中力が持続するようになります。

まず大きな区分けとして、試験日までを2等分、あるいは3等分する方法があります。高2の初めにいるのなら1年ずつ2等分できます。高3だったら半年ずつ2等分できます。

それをさらに細分化して分けていきます。このようにすることで、時間を有効に使えるようになります。この考えは、1日のスケジュールにおいてもいえることです。

たとえば1日中、自由に使える時間があると、だらだらしがちですが、午前中と午後というようにわけたり、午後なら、さらに、3時まで、夕食まで、寝るまで・・・というように区分けすることで、集中力が増します。充実した時間を過ごせるわけですね。

大学センター試験や難関資格試験のための受験勉強というと、何時間もずっと続けるイメージがありますが、じっさいには細切れにすることで、ストレスを少なくできます。

人間の集中力は60分程度つづきますから、そのくらいで一区切りにします。そして休憩をはさんで、また勉強を60分するというようにすると、集中力が持続します。

今現在から試験日までという、長いスパンでも区切ることは有効ですし、1日の中にあっても、区分けすることで集中力がアップするわけです。

受験勉強法のポイントとは?

覚えたいことは、どうしたら記憶できる?

受験勉強をしていると、覚えたい事柄に何度も出会います。この文章を丸暗記して暗唱できたら、すごいだろうな、と。しかし、文章をまるまる暗唱することが、はたして偏差値アップ、成績向上につながるのかどうかは疑問です。

理解をすべきところは理解さえすればいいのであって、暗唱する必要はないと思います。

覚えるべきは年号とか人名とか、あるいは英単語や漢字の綴りではないでしょうか?あとは、エピソード記憶の面からいっても、できるだけ理解を主体とした勉強が大切だと思います。

理解でいいところを、まるまる暗記しようとすると、かえって概要の理解、全体理解を妨げかねません。すばらしい西洋絵画を鑑賞するときには、全体を堪能すればいいのであって、まさか一部分だけは観ませんよね?もちろん芸術に興味がある人は、あるかもしれませんが・・・。

覚えたいことがあったら、興味をもつと海馬が活性化するので、記憶しやすくなります。逆に、つまらないなと考えながらだと、なかなか記憶できないものです。

楽しい趣味は、何度も接するということもありますが、とくに苦もなく頭に吸収しているものです。これを学習に応用できれば、どんなことでも楽々、記憶できるようになるに違いありません。

ただ勉強のすべてが面白い、ということは稀です。なかなか、そのような事態にはなりません。そこで、いろいろな勉強方法、記憶術などがあるわけです。繰り返すということも、その方法のひとつです。

読書スピードを上げれば、かなり有利!

読書スピードが上がれば、情報処理能力が飛躍的に向上します。そうなると速読ができるわけで、毎日の勉強が効率的になり、はかどります。

速読と速聴は似ているようで、考え方が真逆のような気がします。速読は頭のなかで追唱することを否定します。黙読しながらも音読になっていると(舌が動くなど)、これでは速読に支障があるからですね。

いっぽう速聴はウェルニッケ野で追唱しているとして、その速度を高めるために、高速音声を聴くことを推奨しています。

このように一見似ている脳力開発法ですが、根本的な考え方が異なっているのです。ですから速聴のトレーニングに没頭すると、かえって追唱のくせが増強されてしまい、速読の能力に壁を作ってしまうかもしれません。

読書スピードが上がれば、実際の受験や試験、テストにおいても、早く答案用紙を仕上げることができるので、残った時間を見直しに当てられます。これってすごいことですよね?

読書スピードがアップすれば、同じテキストや教科書でも、短期間に何度も繰り返せるので、どんどん長期記憶化していけるというメリットもあります。

日々の努力が、やがて大きな結実を生む

私はアフィリエイトをしていますが、まさに日々の努力が、やがて大きな成果となってあらわれてきます。

毎日の地道な作業、そして勉強でブラッシュアップする。こういった部分こそ、アフィリエイトの王道です。

しかし、その努力は、ただダラダラとやればいいのではなく、しっかりと目標をみすえた前進でなければなりません。つまり目標から逆算したうえで、そこから割り出した、日々の作業や勉強ということですね。

ただ、アフィリエイトにおいては、正しいノウハウを知らないと、その努力が、あらぬ方向にいく危険があります。

そのためにも、アフィリエイトで成功するには、まずは正しい手法を知ることから、はじまるのかもしれません。